レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。



レーシックで乱視の治療も可能:レーシック情報ブログ:22 1 2021

時折、健康な体なのに、
非常に記憶力の悪いお子さんがいるものだが…

こういうお子さんは、
母がアルミニウム製の調理器具を使っているために、
脳の海馬が破壊されてしまっていることが多い。

母が我がお子さんに対して、
「この子はバカなんじゃないか?」と疑う前に、
己の無知を疑った方がいいと思う。

なぜ母たちが
アルミニウム製の調理器具を使うのかというと、
その調理器具の方が軽いからである。

その程度の理由のために、
我がお子さんの脳を犠牲にしてしまっているのだ。

調理器具は鉄製の物を使うべきなのである。
鉄製の調理器具は重たいがゆえに敬遠してしまうのだが、
鉄製の調理器具を使わなければ、
我がお子さんの脳を守ることはできない。

また、
お子さんにはアルミニウム製の缶に入ったジュースを
飲ませないようにした方が良い。
飲めば飲むほどバカになっていくだけだからだ。

アルミニウムは
体内に残留し易い物質なのである。
アルツハイマーもアルミニウムが原因だと言われている。

今まで
アルミニウム製の調理器具を使っていて、
明らかに我がお子さんがバカだというなら、
糠を炒って食べさせ、
それをホットミルクで流しこむことをお勧めする。

これを何度がやっていると、
体内に蓄積されたアルミニウムが排出されるので、
知能が向上して来る筈だ。

お子さんの頭の良し悪しは
かなりの部分を母が握っているのである。

料理のたびに
フェニルアラニンやレシチンを含んだ食品を出すようにすれば、
我がお子さんはしっかりとした記憶力を持つことができる。

アルミニウム製の調理器具にしても、
それを使い続けたら、
我がお子さんの脳に甚大なダメージを与えてしまうのである。