レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。



レーシックでのリスクを理解しておこう:レーシック情報ブログ:31 8 2021

減量中、お腹が減ったらどうしていますか?
我慢していますか?

みなさん、あまり無理しないでくださいね。
無理に我慢してしまうとストレスが貯まり、
ストレス食いをしてしまうことになりますし、
減量が辛いものになって長続きしませんよ!

減量中でも、お腹がすいたら間食をしましょう!
間食はいけないと思っている人が多いと思いますが
間食がいけないのではなくて、
間食で食べてはいけないものがあるだけなんです。

減量中の間食としてお勧めなのが、
リンゴやイチゴなどのフルーツです。

カロリーを気にする人もいますが
フルーツは消化吸収に多くのカロリーを必要とするので
吸収されるカロリー自体は低いのです。
もちろん、お菓子と比べれば低いですよね!

さらに、フルーツには水分も多く含まれているし、
ビタミンも豊富!
ビタミンは脂肪の燃焼に必ず必要となる物質なので、
減量には欠かせませんし、
美容にもいいですよ。

もう1つお勧めなのが、
チョコレートや
大豆などで出来たお菓子です。

チョコレートは少し食べるだけでも血糖値を上げて
脳を満足させるので、
ライスの前に食べると食事量が少なくて済みます。

大豆で出来たお菓子は、
栄養価が高いので、減量補助食品になります。

ちなみに、
間食として食べてはいけないものは、
炭水化物と油を多く含むものです。

なぜダメなのかというと、
炭水化物と油を一緒に食べると、
すぐに脂肪に変わってしまうからです。

減量中でも、お腹がすいたら…
フルーツやチョコレート、
大豆で出来たお菓子などを食べるようにしましょう。

もちろん、どんなものでも食べ過ぎてしまっては、太ってしまうので
適量ですよ!